トップページへ
当院の医療理念
当院のご紹介
医療設備
腫瘍科(ガン)の専門診療
皮膚・心臓の専門診療
予防について
トリミング
スタッフ紹介
アクセス
採用情報
栃木街道どうぶつ病院への交通アクセス

フード宅配サービス
愛犬が光を失う前に…
犬のオーラルケア
犬のフィラリア症
犬の白内障
犬の外耳炎
犬の骨関節炎
犬の慢性心不全
犬の食欲不振

腫瘍科(ガン)の専門診療

ガン・皮膚・心臓の専門診療

ターミナルケア

院長が日本獣医がん研究会時代のターミナルケア部長だったためでしょうか!?
「もう手の施しようがありません」と言われどうして良いか分からなくなった飼主さんが来院されます。

きっと 必ず何かしてあげられることがあるはずです!!

少しでも、一緒にお力添えできればと考えております。

 

ターミナルケア(Terminal Care)とは、末期がんなどに罹患した患者に対する看護のこと。
終末(期)医療、終末(期)ケアともいいます。

 

当院では、悪性リンパ腫の治療を行っております。

悪性リンパ腫(リンパ肉腫) は、 抗がん剤 によく反応し治療効果も期待できる血液系の悪性腫瘍です。飼主の方が喉や顎のあたりのしこりや腫れに気付き発見されることが多いようです。犬での発生頻度は10万頭中24頭であり、人の約2倍の発生率であると報告されています。好発年齢は5〜12歳齢、ゴールデンレトリーバー、シェルティそしてシーズーに多く認められます。最近では、若齢(1〜3歳齢)のダックスフントにも頻発しております。無治療の場合の平均生存期間は60〜100日、すなわち約1〜3ヵ月間です。

抗がん剤に対する反応(寛解率)は犬で約80%、猫では70%であり、1年生存率は約30%、2年生存率は約10%です。(数字は文献などにより異なる)少数ではありますが長期生存例も報告されています。

当院では、常に数頭の悪性リンパ腫の抗がん剤による治療を行っております。

悪性リンパ腫についてよくある質問

抗がん剤による治療は副作用が怖い?
 下顎のリンパ節が腫れているのは歯周病が原因?

などなど、さまざまです。

 

動物のがん治療に使用する抗がん剤(化学療法剤)
動物のがん治療に使用する
抗がん剤(化学療法剤)

この病気の診断方法は特に大切です。
触っただけや、血液検査だけで診断するものではありません。
現在は、新Kiel分類に基づき治療方法も異なります
無治療の場合の生存期間は約1〜3ヵ月間です。診断するまでに時間がかかれば、残念ですが死期も早まるのです。
診断後は、進行度(1〜5段階のステージ)全身状態の把握(サブステージ)がとても大切です。

 

現在は、インターネットで検索すれば誰でも簡単に病気のことを調べることができます。
最近、特にうれしいことは飼主の方が病気について本当に熱心に勉強してくれていることです。
結果的に話がスムーズに進み、動物たちの長生きにつながるのです。
動物の健康の大きな鍵は、飼主さんが握っているのですね!

 

当院によく来院される動物のガン

リンパ腫、肥満細胞腫、乳腺腫瘍、皮膚腫瘍(メラノーマなど)、甲状腺腫瘍、口腔腫瘍、
消化器腫瘍(胃や腸など)、泌尿器腫瘍(膀胱や腎臓など)、鼻腔腫瘍、血管周皮腫、
腹腔内腫瘍(血管肉腫など)、胸腔内腫瘍(肺がんなど)、生殖器腫瘍(精巣、卵巣など)、
骨肉腫など

 

手術について

当院では、手術室を2つ設け、安全安心な手術を行うために、術者、手術助手、麻酔係の3人体制 を基本単位として手術を行っております。また難易度の高い手術は、増員体制をとり的確に対応しております。(スタッフが多いのはそのためです。)

更に高度な手術は、大学などから専門医を招致して執刀して頂いております。

滅菌操作は、人間同様に自動高圧蒸気滅菌機やガス滅菌機を使用しております。
手術時には、自動滅菌水と滅菌ペーパーそして滅菌ガウンと滅菌グローブを装着し人間の手術同様に完全滅菌にて手術に挑んでおります。

 

下顎の扁平上皮癌
下顎の扁平上皮癌(手術前)
下顎の扁平上皮癌(手術後)
下顎の扁平上皮癌(手術前)
 
下顎の扁平上皮癌(手術後)

 

直腸腺癌
直腸腺癌(手術前)
直腸腺癌(手術後)
直腸腺癌(手術前)
 
直腸腺癌(手術後)

 

手術室の様子
第1手術室 手術室の様子
第2手術室
第1手術室
手術室の様子
第2手術室
チームワークを大切に、皆様の大切な
ペットくん達の手術を安全安心に
おこなっております。
このページのトップへ