トップページへ
当院の医療理念
当院のご紹介
医療設備
腫瘍科(ガン)の専門診療
皮膚・心臓の専門診療
予防について
トリミング
スタッフ紹介
アクセス
採用情報
栃木街道どうぶつ病院への交通アクセス

フード宅配サービス
愛犬が光を失う前に…
犬のオーラルケア
犬のフィラリア症
犬の白内障
犬の外耳炎
犬の骨関節炎
犬の慢性心不全
犬の食欲不振

予防について

予防できる病気は必ず予防を行うことが長生きの秘訣であり、大切なことです。

予防できる病気は必ず予防を行うことが長生きの秘訣であり、大切なことです。

自分のペットが利用するホテルや入院室の隣の個室に、混合ワクチン狂犬病予防注射フィラリア予防ノミ・ダニ予防などをしていない子がいたら嫌ですよね!
ペットと生活する上での必要最低限なマナーを向上させるためにも防げるものはきちんと防ぎましょうね。

また予防をキチンとしている大切なわが子は、長生きをします。
高齢で多発する病気の代表格である子宮蓄膿症乳腺腫瘍前立腺肥大会陰ヘルニア精巣腫瘍などは避妊手術去勢手術をすることで高い確率で予防することが可能です。
手術は一見可哀そうな気がしますが、将来的にみると非常に有効なことでございます。

 

 

栃木街道どうぶつ病院で出来ること

◎混合ワクチン接種 死に至る恐ろしい伝染病を予防します。
入院やお預かり時、院内感染予防のため必要となります。
◎フィラリア予防薬 心臓に寄生するファラリアを予防します。
◎ノミ&ダニ予防薬 刺される事によりアレルギー皮膚病の原因となります。
◎狂犬病予防ワクチン接種 登録毎年1回の注射を忘れずに!
◎避妊、去勢手術 乳腺腫瘍子宮蓄膿症前立腺肥大などを予防します。
獣医療の先進国アメリカでは、基本中の基本と言われています。
◎診察、手術、各種検査 (血液、X線、超音波検査など)
◎食事や健康管理相談  
◎爪切り/耳洗浄 (正しい耳洗浄の方法をご存知ですか?)
◎肛門腺しぼり  
◎薬浴/マイクロバブル (皮膚病の治療として)
◎歯磨きや歯石除去 (お口の臭いが気になる方に)
◎しつけ相談 (専門家のご紹介もいたします)
◎入院・お預かり 入院時のチェックイン・チェックアウトは診察時間内にお願い致します。
また、院内感染を防ぐために事前のワクチン接種ノミ・ダニ予防薬の使用が必要となります。
◎大学病院への紹介
 
◎マイクロチップ (迷子の時に力を発揮します)
◎証明書発行 海外渡航時の 英文証明書 発行
わんにゃんドック 定期健康診断(血液・尿・便・レントゲン・超音波検査など)
◎デンタルケア

 

ご家庭で出来る日々のケア(ケアに必要なグッズはおすすめがございます。)

耳洗浄 専用洗浄液での正しい耳のケアが必要です。
来院理由で最も多いのが、外耳炎なのです。
歯ブラシセット 歯石を予防します。
幼犬、幼猫の時からおこないましょう。
◎プレミアムフード バランスのとれた食事
肉食動物である犬や猫は人間と全く異なる動物です。ついつい人間の食べ物を与えていませんか?
◎サプリメント 毛並みを良くするものなど、数種類ございます。
◎シャンプー 低アレルギー性のものなど単に被毛をきれいにするだけが目的ではないのです。

 

わんにゃんドック 定期健康診断(血液・尿・便・レントゲン・超音波検査など)

近年、多くの飼主の方が病気に対する詳しい説明を希望され、最大最良の治療を選択されます。
日々のケアでも出来ることは何でもしてあげたいので教えて下さいという方も増えています。

また、普段の診察を通して多くの飼主の方が口にするのが「この病気、もう少し早く気付くことは出来たのでしょうか?」という言葉です。コンパニオンアニマル(伴侶動物)は言葉が話せないために、自分で症状を伝えられません。
それでは早期に病気を発見するためには何が必要なのでしょうか?

予防できる病気は必ず予防を行うことが大切ですが、その他の病気に関しては定期的に健康診断を受けることが重要であるといわれています。実際の健康診断でも、膀胱結石心臓病などが発見されております。

 

僧帽弁閉鎖不全症
僧帽弁閉鎖不全症の治療前
僧帽弁閉鎖不全症の治療後

僧帽弁閉鎖不全症の治療前

 
僧帽弁閉鎖不全症の治療後

 

わんにゃんドック

犬・猫版の人間ドックです。

犬や猫は1年間に約4〜5歳年をとると言われていますので少なくとも1年間に1回程度は受診されることをお勧めします。

検査項目は、年齢により血液・尿・便・エックス線・超音波検査などを組み合わせて行います。犬は人間の約2倍『ガン』になりやすいことからも、早期発見、早期治療の重要性がご理解いただけると思います。

愛犬の情報誌『ドッグワールド』でも当院が紹介されました。

 

デンタルケア

病院に来院する 犬や猫の75%以上が歯周病 にかかっていると言われています。

食べ物のかすと細菌の塊が歯垢となり、放置すると硬い歯石となって歯ブラシなどでは簡単に除去することが出来なくなります。歯石や歯垢は歯肉炎を起こし、やがて進行して歯周病となります。ひどい口臭だけではなく、歯槽骨まで溶かし歯はぐらつき最悪の状態となります。時には歯根端膿瘍となり、眼の下が腫れ膿が出てくる場合もございます。

 

そこでお奨めなのが歯磨きなのです。仔犬、仔猫の時から歯磨きすることに慣れていただく事が重要です。また歯磨きが苦手な子にはガムなどもございます。歯磨きなどで除去する事ができなくなった歯石は、全身麻酔下で歯石除去を行ないます。超音波スケーラーで歯石を除去し、磨き粉をつけてポリッシングを行います。*ちなみに牛のヒズメなど非常に硬い素材のものは歯が折れる事がございます。ご注意ください。

歯石除去前
歯石除去後
歯石除去前
 
歯石除去後

※当院には、人の歯科衛生士も在籍しております。

 

避妊・去勢手術のすすめ

なぜ雌は 避妊手術 を、雄は 去勢手術 をすることが推奨されているのでしょうか?

自然に備わったものを手術するなんてかわいそう・・・と感じるのは当然のことです。
しかし、大切に育てられたワンコやニャンコは中高齢になると生殖器関連の病気に悩まされる事が多いのも事実です。
その時期には他に心臓病なども併発していることもあり手術が困難であったり、危険性が高くなるのです。
そのため若い時期での手術が推奨されているのです。

ちなみに雌は2回目の発情出血前(約1歳くらい)までに避妊手術をすると 乳腺腫瘍 になる確率が極めて少なくなるのです。避妊しない場合の乳腺腫瘍発生率は25%です。4頭に1頭が乳腺腫瘍になると言われています。
実際、乳腺腫瘍などになった飼主の方は、避妊手術の予防効果について知らなかった方が多くいます。また、かわいそうだから躊躇した‥。
子供を生ませるつもりだったので避妊手術をしなかった‥などの理由が多いようです。
雄は前立腺肥大精巣腫瘍(特に陰睾の場合に多い)、肛門周囲腺腫会陰ヘルニアが発生します。血尿や排便障害など本当に飼主の方を悩ませる病気ばかりです。子供を生ませないのであれば、獣医学的に避妊・去勢手術が推奨されるのそのためです。
※若い時期に行うと、皮下・腹腔内脂肪が少なく、手術が安全に行えます。また、麻酔の覚醒も早く、動物の負担は少なくなるのです。

このページのトップへ